映画がこれほど私たちを夢中にさせる理由をご存知ですか?理由は簡単です。私たちを映画の世界へ引き込むために、手を加えてあるからです。映画制作会社は画面上に人生の様々な要素を描こうと素晴らしい仕事をします。私たちに擬似体験させたい架空の世界を見せることによって、彼らは私たちの心を見事に操ります。たとえ実話に基づく映画でも、フィクションの部分が含まれています。そこで映画がギャンブルやカジノをどのように描いているかを見てみましょう。

カジノを最高に素晴らしい場所のように描いている映画もあれば、その正反対のものもあります。一体何が迷信で何が真実かを見つけるのは興味深いことですね。映画がギャンブルやカジノを描く際に犯す失敗のいくつかを以下にご紹介します。

カジノはチンピラによって運営されているのではない

カジノを訪れた時のワクワク感は他では得られません。それと同時に、若干の後ろめたさを感じる人が多いのも事実です。このジレンマは一体どういうわけなのか、考えた事はありますか?カジノはチンピラやマフィア、そして極道の世界の人々によって運営されているのではありません。このようなギャンブルやカジノに関する迷信は、映画『カジノ』(1995)で作り出されました。実際のところ、カジノは政府によって統制されており、大半のカジノのオーナーはビジネスマンなのです。

カードカウンティングは犯罪ではない

2008年公開の映画『ラスベガスをぶっつぶせ』を見た方は、カジノで大金を勝ち取ると、ガードマンに捕まって酷い目に合わされると思い込んでしまったかもしれません。カードカウンティングは禁止行為ではありません。確かにカジノがそのサービスを拒否する場合もありますが、暴力沙汰になることはありません。このような描写をされると、ギャンブルすることを躊躇してしまうかもしれませんが、事実ではないのでご安心ください。

歪められたギャンブルルール

カジノはビジネスを目的とした組織です。したがって、スロットマシンで勝ち取れる金額にはもちろん上限があります。映画の大画面やテレビに映し出されるギャンブルのルールは現実のものとは異なります。スロットマシンは魅力的ですが、何百万もの大金を得ることはできません。映画では、俳優がコインを置くと巨額の賞金が大当たりするようなシーンが使われているため、あたかもそんなことが現実に起こるかのような錯覚に陥るかもしれませんが、スロットマシンを試すときに、そのようなイメージにとらわれてがむしゃらに続けるのはやめておきましょう。

摩訶不思議なポーカーゲーム

ポーカーをして、同じマークのA、 K、 Q、J、10が全部揃ったとしましょう。そう、ロイヤルフラッシュです。ポーカーでこれが起こるのは最も稀な確率だという事をご存知ですね。ストレートフラッシュでさえ、極めて稀なことです。しかし、『007カジノ・ロワイヤル』(2006)のような映画を観ると、これがかなりの確率で起こりえる事のように思えてしまいます。

悪運をもたらす人

2003年公開の映画『ザ・クーラー』は、ゲームテーブルに悪運をもたらす人を雇うといった筋書きになっています。これはいつの世でもカジノオーナーの空想することではありますが、現実にはあり得ません。クーラーのような人間がカジノに雇われることはありません。ですから、誰かの悪運によってご自分の運が逃げていくなどという心配はご無用です。

ギャンブルに必要とされるのは、他のゲーム同様、知恵とスキル、そして若干の運だけです。映画で描がれる間違ったイメージによって、ギャンブルやカジノの楽しさが台無しになることもあります。ここまで読まれて真実がお分かりになった方は、そうならないようにお楽しみください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *